英単語の賢い覚え方

その英単語、どうすれば覚えられる?

英語・英会話が得意になりたいと思う人は多いですが、そのためには英単語を覚えることを避けて通れません。

 

しかし今も昔も英単語を覚えるのが好きで好きで仕方がないという人はほとんどいません。

 

一体どうすれば英単語を簡単に覚えられるのでしょうか。まずはしっかりと声に出して発音することです。

 

日本人は英単語を書いて覚える、見て覚えると思っていますが、本来言語は音が先にでき、そのあとで文字ができるのです。

 

まずは徹底して音を出し発音に慣れることが大切です。音に慣れつつ意味を確認しましょう。

 

意味は必ず日本語で確認します。よく英英辞典を勧める人もいますが、それはある程度のレベルになってからです。

 

私たちノンネイティヴは英語と英語を結び付けるような頭の構造になっていません。

 

日本語でしっかりと意味を押さえることが大事です。

 

よくいきなり細かいニュアンスにこだわる人がいますが、そういう人に限って英単語を覚える泥臭い努力を避けたがるものです。

 

まずは大まかな意味をつかんで、細かい違いは後回しでいいのです。

自分に必要な単語を発見しましょう

とにかく英単語の数を増やせばよいというものでもありません。

 

ネイティヴが日常的に使う英単語は12000語程度と言われていますが、そのすべてを覚えることなど不可能に近いのです。

 

大切なのは自分に必要な単語は何か、ふるいにかけることなのです。

 

そのためにも英語で自分のことについて話す機会を増やしていきたいものです。

 

自分の基本情報が英語で言えるか、自分の仕事や趣味について説明できるか試してみるとよいでしょう。

 

自分のことを表現しようとしたら、よく出てくる単語とそうでもない単語が分かるはずです。

 

よく使う単語は自分が会話で使う可能性も高い単語だから、きちんと使いこなせるようになるべきです。

 

逆に全然出てこない単語は、使いこなせずとも文章で目にしたり、会話で耳にしたときにその意味が表面的に理解できればよいのです。

 

このようにどの単語を覚えるかの区別をつけることも大事です。